ブログ

ED治療の進歩

れ

今、現代ではED患者が急速に増えており、それに伴いその治療法研究や新薬の開発が行われています。

そんな中、バイアグラなどED治療薬とカテキンを組み合わせてがんの新薬が開発される可能性があるとの論文が発表されました。
2013年01月26日
http://www.asahi.com/tech_science/update/0125/SEB201301250047.html
EDの治療薬と一緒に、緑茶などに含まれるカテキンを組み合わせることで、カテキンの抗がん作用が強くなるという論文を九州大学の立花宏文主幹教授らが米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に発表しました。

立花教授らは、カテキンのな中でも、抗がん作用があると言われている「エピガロカテキンガレート」の働きについて研究。

「エピガロカテキンガレート」
は、がん細胞の中でいくつもの分子を介して信号を伝える途中で別の酵素によりその信号が弱まってしまう為、高濃度の「エピガロカテキンガレート」でないと抗がん作用の効果が出ない事が分かっています。
また、この酵素と、「バイアグラ」をはじめとするED治療薬同じ働きをすることも判明し、ED治療薬は、がん治療の進歩にも貢献する!と注目を集めています。

れ2 れ3

 

他にも、ED治療を進歩させた、血管を「拡張させ、血流を良くし、血管の健康を保つ」一酸化窒素の重要な役割の発見もあります。一酸化窒素が減少することで血管の機能が損なわれ、生活習慣病やEDになるわけです。

しかし、この一酸化窒素が発見されたのは、実はほんの十数年前のことで、それまで血管を拡張させる物質があるということはなんとなく知られていましたが、その物質が何であるかは究明されていなかったのです。

 

1998年に、ムラド、ファーチゴット、イグナロの3人の学者が一酸化窒素の存在と役割を明らかにし、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。一酸化窒素の存在が明らかになることによって、ED治療は大きく前進することになりました。

 

現在のED治療薬の基本的な目的は、一酸化窒素の働きを正常化することです。

一酸化窒素には、血管や筋肉を弛緩させる役割があります。その際に重要な働きをするのが、サイクリックGMPという物質です。

一酸化窒素が筋肉や血管に作用してできるのがサイクリックGMPで、筋肉や血管の弛緩は、直接的には、このサイクリックGMPの働きによって起こるのです。

しかし、サイクリックGMPは、酵素によって分解されやすい性質をもっています。酵素に分解されるのを防いで、サイクリックGMPの働きをより活性化させることが、元々のED治療薬の効用でした。

 

一方最近になって、ED治療薬には、一酸化窒素自体を増やす働きもあることが分かってきました。

一酸化窒素が増えれば、それだけサイクリックGMPも多く産生されます。サイクリックGMPを増やし、かつその働きを持続させることがED治療薬の役割なのです。

 

このように、どんどんと色々な新発見等されているED治療や治療薬。まだまだ先の進歩が期待出来、これからがとても楽しみですね。

レビトラ20mg(郵便局留め・送料無料・後払いサービス対応)

  • レビトラ 20mg
  • 1箱 4錠 ⇒ 価格 10,980
  • 4箱 16錠 ⇒ 価格 30,800(13,120円 OFF)
  • 7箱 28錠 ⇒ 価格 47,900(28,960円 OFF)
  • レビトラの主成分のバルデナフィルには、勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害し、勃起を持続させる効果があります。 三大ED治療薬の中でも特に即効性に優れており、服用後15分~30分程度で効果が現れ、最大5時間程度効果が持続して、飲酒時もあまり影響がないとされています。
    通常10mgで十分な効果がありますの で最初は少ない量からの服用をお勧めいたします。

  • レビトラ20購入
レビトラ20mg
レビトラ20mg