ブログ

食事の影響を受けにくいとはどういうこと?

レビトラは食事の影響を受けにくく、効果も最大で10時間持続するという優れものです。しかし、食事の影響を受けにくいとは、具体的にどういう意味でしょうか?

レビトラは食事の影響を受けにくい?

レビトラは他の勃起不全治療薬よりも食事の影響を受けにくいと言われています。と言ってもそれはレビトラの取扱説明書に「標準的な食事の影響を受けない」と書かれている通り、あくまで標準的な範囲での食事の影響を受けないということに限定されます。 それでは「標準的な食事」とはどの程度のことをいうのでしょうか?

「標準的な食事の影響を受けない」とは?

レビトラの説明書に書かれている標準的な食事というのは「エネルギー700kcal以下かつ脂肪の割合が30%以下」という意味です。この範囲であれば、レビトラの効果を発揮するために影響がないということになります。

栄養学的には脂質1gが9kcalです。また700kcalの30%は210gです。ということは単純計算ですが脂質は23.3gまで摂取が可能ということになります。 しかしこの範囲に当てはまる食事とは具体的にどの程度の食事ならOKなのか分かりにくいと思います。具体的な例としては、

すき家の牛丼中盛り: 675kcal(脂質: 20.6g)

なか卯の親子丼: 455.62kcal(脂質: 14.75g)

COCO’S魚介のスープスパゲッティ: 555kcal(脂質: 14.8g)

吉野家の牛丼並盛: 680kcal(脂質: 23.46g)

マクドナルドのビッグマック: 557kcal(脂質: 30.5g)

すき家の牛丼大盛り: 801kcal(脂質: 24.4g)

やよい軒しょうが焼定食: 705kcal(脂質: 29.0g)

このリストの中なら上3つはレビトラの服用前に食べてもレビトラの効果に影響がないということになります。ここで紹介した食事以外にももちろん条件に引っかからない食事というのはたくさんあると思います。どうしても外食するとカロリーは高くなりがちだと思います。自炊するとこの範囲の食事でももっとカロリーを低く抑えることができでしょう。

レビトラ20mg(郵便局留め・送料無料・後払いサービス対応)

  • レビトラ 20mg
  • 1箱 4錠 ⇒ 価格 10,980
  • 4箱 16錠 ⇒ 価格 30,800(13,120円 OFF)
  • 7箱 28錠 ⇒ 価格 47,900(28,960円 OFF)
  • レビトラの主成分のバルデナフィルには、勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害し、勃起を持続させる効果があります。 三大ED治療薬の中でも特に即効性に優れており、服用後15分~30分程度で効果が現れ、最大5時間程度効果が持続して、飲酒時もあまり影響がないとされています。
    通常10mgで十分な効果がありますの で最初は少ない量からの服用をお勧めいたします。

  • レビトラ20購入
レビトラ20mg
レビトラ20mg