ブログ

レビトラを初めとしたED治療薬の偽物に注意!!

2013102601

 

レビトラなどのED治療薬には偽物も市場に出回っており、正規品で無ければその安全性も保障はできません。

特にインターネットでの購入は、偽物を手にしてしまう場合があり、その割合は約6割という調査結果も出ているそうです。
そこで、偽物を選ばないように、正規品と偽造品の見分け方を紹介します。

 

 

レビトラの偽物

レビトラ

 

最近では、見た目ではほとんど分からないほど似ている偽造品も出回っています。バイアグラやシアリスもそうなのですが、三大ED治療薬のパッケージには特殊な細工がされているので、パッケージのデザインだけで判断できない場合はそういった細かい特徴を見ていくことで、偽物と見分けることができます。

例えば、レビトラのパッケージには点字のような加工がされており、ロゴの部分は少し盛り上がった感じになっています。それから、1シート4粒で、粒には製造元のバイエル社の刻印と、裏側には「20(mg)」の数字が刻まれています。

また、レビトラの場合はありませんが、バイアグラ・シアリスの場合であれば、製造各社のフォノグラム式シールなどでも見分けることが可能です。

 

 

偽造品は命を脅かす危険性も・・・

ED治療薬の需要が多いため、その分偽物の種類も多く、パッケージは同じでも、有効成分が全く含まれていなかったり、不純物が混入していないとも言い切れません。実際に、ED治療薬の偽造品を使用し、深刻な副作用に見舞われたというケースも過去にあります。

いくつか確認されている事例があるようですが、2008年にはシンガポールで偽造品の服用によって低血糖による昏睡などの症状を訴える服用者が約40人、疑いのある患者数が78人発見され、そのうち4人が死亡するという事件が起こっています。

2011年には日本国内の奈良県薬務課でED治療薬の偽造品を服用した男性が意識障害を起こし、病院に搬送されるという事件が発生しています。男性は意識を回復しましたが、模造薬には正規品と比較して約10倍の有効成分が含むとの表示があったそうです。

2010年には40歳代の男性が模造品を服用し、数時間後にけいれん、意識低下などを発症し、県立大学病院に搬送されて脳血栓が確認されたそうです。

模造品の作成技術はテクノロジーの発展とともに、本物との判断は難しくなるばかりです。見分け方も難しく、本物に施された特殊加工もコピーされているものも販売されているでしょう。そのため「他のサイトよりこちらの方が比較にならないくらい安い!」などといった場合は、劣悪な環境で作成された偽物の可能性があります。多少の価格の安さで一時的には得した気分になるかもしれませんが、偽物を服用してしまった場合の治療費はくらべものになりません。

ですので、インターネットでの購入の際は必ず確認してから購入するようにしましょう。

レビトラ20mg(郵便局留め・送料無料・後払いサービス対応)

  • レビトラ 20mg
  • 1箱 4錠 ⇒ 価格 10,980
  • 4箱 16錠 ⇒ 価格 30,800(13,120円 OFF)
  • 7箱 28錠 ⇒ 価格 47,900(28,960円 OFF)
  • レビトラの主成分のバルデナフィルには、勃起持続化学物質を分解してしまう酵素PDE5を阻害し、勃起を持続させる効果があります。 三大ED治療薬の中でも特に即効性に優れており、服用後15分~30分程度で効果が現れ、最大5時間程度効果が持続して、飲酒時もあまり影響がないとされています。
    通常10mgで十分な効果がありますの で最初は少ない量からの服用をお勧めいたします。

  • レビトラ20購入
レビトラ20mg
レビトラ20mg